読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzyexeのノート

ITインフラ運用系のネタを主に書く、つもり・・・

CoreOSをLogentriesでログ監視してみた

CoreOS Logentries

話題のCoreOSでもLogentriesのようなログ監視サービスを活用すると簡単にログ監視できます。

 

ログ監視までの流れ 

    1. Logentriesにサインインしてアカウントを取得してください。(既にLogentiresのアカウントをお持ちであればスキップしてください。)
    2. Logentriesにログインし、下記画像で示しているTokenボタンをクリックしてアクセストークンを取得してください。

      f:id:uzy_exe:20140624222406p:plain

    3. CoreOS起動時にサービスを自動実行するために、coreosのcloud-config.yml (/usr/share/oem/cloud-config.yml)にLogentriesのサービス(units:)を定義してください。YOUR_LOGENTRIES_ACCESS_TOKEN の部分は、2.で取得したアクセストークン に置換してください。
    4. 下記のsystemdファイルを /etc/systemd/system/logentries.service として作成してください。

    5. 下記コマンドでlogentiresのサービスを開始してください。

       

以上の手順を成功させると、coreosのログがLogentiresに流し込まれます。

f:id:uzy_exe:20140624222419p:plain

 

ということで、coreosでもLogentriesを活用すると簡単にログ監視できました。他のログ監視サービスも似たような手法で利用できるのではないかなと思います。